扁平上皮がんの名医【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな名医があります

食道がんの扁平上皮がんにおいては、現在では開胸手術、開腹手術のほかに、患者の体への負担が比較的軽くて済む胸腔鏡による手術も行われています。
しかし、胸腔鏡手術はリンパ節切除術が非常に難しいこともあり、非常に難易度の高い手術です。
そのため、現在、胸腔鏡手術を行っている病院や専門医も少なく、限られてくるのが現状です。
胸腔鏡手術は、術後に声がかすれるといった神経麻痺を生じる確率は開胸手術よりも高くなりますが、一方で、肺炎になる確率は開胸手術の場合の半分になります。
また、術後の呼吸機能の回復も比較的良好です。
開胸手術、開腹手術に比べて手術の傷も浅くて済み、痛みも少なくて済むので、体への負担は軽くなります。
さまざまなメリットも多い胸腔鏡手術ですが、手術を行う場合には、技術的にも経験的にも熟練した外科医にお願いすることが望ましいと思われます。

一方、肺扁平上皮がんの治療方法もいろいろな選択肢があり、どの治療方法を選択するかによっても、その後の生存率などに影響してくることになります。
それぞれの患者ひとりひとりに一番適した治療方針で治療を進めていくことが一番大切です。
そのため、主治医を決めるときにはセカンドオピニオンも聞き、慎重に決めることが重要です。
今後期待される肺がん治療法として、遺伝子治療、炭素線治療、ラジオ波治療などのさまざまな治療法があります。
これらの治療法はまだ一般的に確立されておらず、一部の病院と専門医によって行われていますが、高い治療成果をあげているものもあります。
治療にかかる費用は高額になりますが、これらの治療法に関心がある場合は、その治療を行っている病院や医師を尋ねるのもひとつの選択肢となるでしょう。

がんの克服方法

扁平上皮がんの名医【扁平上皮がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ