扁平上皮がんの治療方法【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな治療方法があります

肺扁平上皮がんの場合、早期で発見されたときには、手術による外科療法が第一選択肢となります。
その他の治療法では、抗がん剤を投与する化学療法、放射線療法などがあります。
化学療法では、いくつかの抗がん剤を組み合わせて投与し、治療を行っていきます。
肺がんの中でも非細胞がんに属する扁平上皮がんは、抗がん剤の効き目があまりよくないとされており、抗がん剤投与による治療を行ってもがん細胞を死滅させることは難しく、せいぜい30%から50%がんを縮小させることができる程度だといわれています。

子宮頸がんの扁平上皮がんの治療方法は、手術、放射線療法、化学療法とがあります。
どの治療方法を選択するかは、がんの進行度によって異なってきます。

食道がんの扁平上皮がんの治療方法も、手術、放射線療法、化学療法とがあり、がんの大きさや進行度によって治療方針は異なってきます。
がんが小さくリンパ節にまで転移していない場合は、内視鏡による治療が行われることもあります。
かなり進行した扁平上皮がんにおいての放射線治療は治療成果をかなり期待でき、手術による治療とほぼ同じ5年後生存率になるといわれます。
一方、遠隔転移をしているような進行した食道がんの場合、抗がん剤投与による化学療法は、あまり期待することができず、たとえ全身投与が行われたとしても生存率は低くなるといわれます。

がんの克服方法

扁平上皮がんの治療方法【扁平上皮がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ