扁平上皮がんの予防方法【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな予防方法があります

肺がんや食道がんの扁平上皮がんなど、喫煙が危険因子であるがんに対しては、喫煙をすることががん発症の最大の予防策となります。
アルコールの過剰飲酒もまた危険因子であるため、アルコールを控えることでもがんを予防することができます。

また、早期発見をするためにも、定期検査をうけることをおすすめします。
肺扁平上皮がんは、痰の中にがん細胞を発見しやすいといわれています。
そのため、痰を検査すれば早期にうちにがんを発見でき、治療を行うことで完治することも期待できます。
この検査を喀痰細胞診といいます。

子宮頸がんの扁平上皮がんは、その発症原因のほとんどであるヒトパピローマウイルス (HPV)というウイルスに対するワクチン接種を行えば、発症を防ぐことができます。
また、ウイルスは性交渉により感染するため、性交渉時にコンドームを使用することもでもある程度は予防をすることが可能です。
また、定期健診を受けることは、早期発見、早期治療につながることができます。

また、口腔がん、咽頭がん、喉頭がんなど頭頸部がんとよばれるものは、そのほとんどが扁平上皮がんです。
これらのがんも、喫煙、飲酒、刺激のある食べ物の摂取などが発症原因と考えられるため、これらを控えることが予防となります。

がんの克服方法

扁平上皮がんの予防方法【扁平上皮がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ