扁平上皮がんの原因【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな原因があります

日本においては、食道がんの約93%が扁平上皮がんです。
アメリカにおいては、扁平上皮がんの割合は低下傾向にあり、腺がんが半数を占めるといわれています。
これは、喫煙と大きな関係があると考えられています。
扁平上皮がんの原因は喫煙との因果関係が強いため、アメリカでは禁煙効果により扁平上皮がんの発症率が低下したことが考えられます。
また白色人種よりも黒色人種の方が喫煙率が高いため、扁平上皮がんの発症率も黒色人種の方が高くなっています。

一方、肺扁平上皮がんは、肺がんの種類の中では腺がんに次いで多いがんです。
肺扁平上皮がんを発症するのは男性で40%、女性では15%となっています。
やはり、発祥原因の一番の危険因子は喫煙です。
男性の方が肺扁平上皮がんを発症する確率が高いのは、男性の方が女性に比べて喫煙率が高いからであると思われます。

口腔扁平上皮がんを発症する主な危険因子もやはり喫煙です。
扁平上皮がんを発症する原因は喫煙のほかにアルコール摂取もあげられます。
アルコールをたくさん摂取する人は要注意です。
喫煙とアルコール飲酒の両方を習慣としている人は、発症する危険がさらに高くなると思われます。

子宮頚部の扁平上皮がんは、そのほとんどがヒトパピローマウイルス (HPV) というウイルスに感染することで発症するといわれています。

がんの克服方法

扁平上皮がんの原因【扁平上皮がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ