扁平上皮がんの症状【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな症状があります

扁平上皮がんは上皮性の悪性腫瘍のことです。
上皮とは体面や内臓を被っている組織のことで、3種類あります。
それぞれ腺上皮、扁平上皮、移行上皮です。
扁平上皮がんは、主に皮膚、肺、食道、子宮頸部などに見られます。
このうち皮膚に生じたものは有棘細胞がんといいます。

肺がんの種類である肺扁平上皮がんは比較的症状が早くからあらわれるのが特徴です。
がんが比較的小さなうちから、血痰や咳といった症状があらわれます。
腺がんなどに比べて比較的早くから症状があらわれるのは、肺扁平上皮がんが肺門部に近い太い気管支に発生することが多いからだと思われます。
肺扁平上皮がんは、他の肺がんと比べるとリンパ節など他の部位に転移しにくいといわれています。
そのため早期に発見できれば、完治する可能性も高くなります。

一方、食道がんの扁平上皮がんの一般的な初期症状としては、ものを飲み込むときの痛みや嚥下障害があげられます。

また、女性の膣がんの扁平上皮がんでは、主な症状として不正出血、水様性のおりものなどがみられますが、初期の段階ではほとんど症状があらわれない場合もあります。
腫瘍が大きくなり膀胱を圧迫するようになると、排尿痛や頻尿といった症状があわられることがあります。。
子宮頸がんの扁平上皮がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、がんが進行すると不正出血などがみられることがあります。

がんの克服方法

扁平上皮がんの症状【扁平上皮がんの警告】記事一覧

扁平上皮がんの原因【扁平上皮がんの警告】

日本においては、食道がんの約93%が扁平上皮がんです。アメリカにおいては、扁平上皮がんの割合は低下傾向にあり、腺がんが半数を占めるといわれています。これは、喫煙と大きな関係があると考えられています。扁平上皮がんの原因は喫煙との因果関係が強いため、アメリカでは禁煙効果により扁平上皮がんの発症率が低下し...

≫続きを読む

扁平上皮がんの予防方法【扁平上皮がんの警告】

肺がんや食道がんの扁平上皮がんなど、喫煙が危険因子であるがんに対しては、喫煙をすることががん発症の最大の予防策となります。アルコールの過剰飲酒もまた危険因子であるため、アルコールを控えることでもがんを予防することができます。また、早期発見をするためにも、定期検査をうけることをおすすめします。肺扁平上...

≫続きを読む

扁平上皮がんの治療方法【扁平上皮がんの警告】

肺扁平上皮がんの場合、早期で発見されたときには、手術による外科療法が第一選択肢となります。その他の治療法では、抗がん剤を投与する化学療法、放射線療法などがあります。化学療法では、いくつかの抗がん剤を組み合わせて投与し、治療を行っていきます。肺がんの中でも非細胞がんに属する扁平上皮がんは、抗がん剤の効...

≫続きを読む

扁平上皮がんの名医【扁平上皮がんの警告】

食道がんの扁平上皮がんにおいては、現在では開胸手術、開腹手術のほかに、患者の体への負担が比較的軽くて済む胸腔鏡による手術も行われています。しかし、胸腔鏡手術はリンパ節切除術が非常に難しいこともあり、非常に難易度の高い手術です。そのため、現在、胸腔鏡手術を行っている病院や専門医も少なく、限られてくるの...

≫続きを読む

扁平上皮がんの手術方法【扁平上皮がんの警告】

肺の扁平上皮がんの場合、早期発見されたときは基本的に手術が行われます。がんが原発巣にとどまっている場合だけでなく、原発巣以外にも同じ側の肺門部のリンパ節に転移がみられる場合で、がんの大きさが3センチ未満の場合にも手術による切除を行います。場合によってはさらに進行している場合にも手術が可能な場合もあり...

≫続きを読む

扁平上皮がんの克服方法【扁平上皮がんの警告】

肺扁平上皮がんは、他の肺がんの種類と比べると、リンパ節転移や遠隔転移の頻度は低くなります。そのため、肺扁平上皮がん術後の5年後生存率も40%前後となり、肺がんの中ではもっとも良い結果になるといわれています。比較的生存率の良いがんとはいっても、早期発見し早期治療するに越したことはありません。早期発見、...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ