十二指腸がんの克服方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんにはこんな克服方法があります

十二指腸がんは、早期の段階で発見された場合、治る確率はかなり高くなります。
一方で、がんの進行が進み、胃を3分の2程度切除する膵頭十二指腸切除術を行った場合の予後の生存率は約25~60%程度であるといわれています。
このことからも、早期に発見し治療をすることが重要であることがわかります。

手術後にがんが再発や転移をしてしまった場合は、抗がん剤投与による化学療法により治療を続けていくことになります。
十二指腸がんは非常に症例の少ない病気のため、確立された抗がん剤や治療法がありません。
そのため、抗がん剤がどこまで効くのか、行ってみないとわからないということもあります。
治療の経過を観察しながら、治療を続けていかなければなりません。

また、化学療法と合わせて、温熱療法がよいといわれています。
普段から体を冷やさないように気をつけ、毎日湯船につかり、定期的に温泉に入るなどするとよいでしょう。
食事も体を冷やす食べ物や飲み物は避け、体を温めてくれる効果のある食べ物を積極的に摂りましょう。
病院や医師によっては、温熱療法をすすめるところもあるようです。

がん細胞を作らない体作りをするという意味で、免疫療法を取り入れるのもいいでしょう。
がんが治ったとしても、また再発しないという保証はありません。
再発予防のためにも、免疫力を向上させておきくことが必要です。

化学療法が成功し、がんがなくなった後も、温熱療法や免疫療法は続けて行い、定期的な検査は必ず受けましょう。
食事のバランスに気を配り、喫煙や飲酒は控え、規則正しい生活を継続していくことが大切です。
必ず十二指腸がんを克服できると信じ、希望を持って毎日を健康に生きるように努力しましょう。

がんの克服方法

十二指腸がんの克服方法【十二指腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ