十二指腸がんの原因【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんにはこんな原因があります

十二指腸は、上腹部の胃と小腸との間にある長さ約30センチの臓器です。
十二指腸がんは、消化器系の中ではもっともがんの発症率が低く、約0.3~2.9%の発症率だといわれています。

十二指腸がんのはっきりした原因はいまのところわかっていません。
しかし、十二指腸がんが発生する過程として、いくつかのことがあげられます。

まず、十二指腸がんを発症する要因として、十二指腺腫のがん化があげられます。
十二指腺腫とは、十二指腸ポリープのことです。
この十二指腸ポリープが、時には悪性化し、がん細胞に変化してしまうのです。
十二指腸がんの約80%がこの腺腫からがんになるケースだといわれています。

しかし、十二指腸にできたポリープがすべてがん化してしまうわけではありません。
どうしてこの十二指腸にできたポリープが悪性化してしまうことがあるのかについては、そのメカニズムは今のところまだはっきりとは解明されていない部分が多いのが現状です。

また、十二指腸にできる腫瘍には、良性の腫瘍と悪性の腫瘍とがあります。
この良性の腫瘍が、なんらかの変化で悪性化し、がん化してしまうことも考えられます。
その他の要因としては、十二指腸の粘膜に直接がん細胞が発生するケースも考えられます。

がんの克服方法

十二指腸がんの原因【十二指腸がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ