胸腺腫の克服方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな克服方法があります

胸腺腫の治療後の5年後生存率は、がんの進行具合によって大きく異なってきます。
比較的早期の段階で、腫瘍が被膜内にとどまるもの、あるいは周囲の脂肪組織のみに浸潤がみられる段階に関しては、5年後の生存率は約90~100%にも達し、非常に予後は良好であるといえます。
一方、それよりも進行している場合の5年後の生存率は、ステージ3で50%~60%、ステージ4で30%~40%と、予後は不良となってしまいます。
胸腺腫の場合、他の部分に転移がみられるかどうかで、予後が大きく変わってくることがわかります。
転移が見られない場合、ほぼ治癒できるといえます。

外科治療により胸腺を摘出できた場合は、治療後、ほぼ問題なく今まで通りの生活が送れるようになります。
転移のため、他の臓器も切除する合併切除を行なった場合は、治療後もその後遺症が現れることもありますが、主治医のアドバイスのもとに生活を送れば、切除した場所にもよりますが、その後の生活の質を低下させることなく生活することができるでしょう。

非常にまれではありますが、手術により胸腺を取り除いた後に重症筋無力症を発症することがあるので注意が必要です。
もしも重症筋無力症の何らかの症状が少しでもあらわれたら、すぐにでも担当医に相談しましょう。
胸腺腫を完全に克服するためにも、定期的に定期的に検査を受け、少しでも異変を感じたらすぐに医師に相談し、診断を受けるようにすることが大切です。

がんの克服方法

胸腺腫の克服方法【胸腺腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ