胸腺腫の治療方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな治療方法があります

胸腺腫の治療方法は、外科療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。
どの治療方法を行っていくかは、がんの進行度や全身状態に応じて選択していきます。

胸腺腫の場合、非常に発症例が少ないということと、他の部分に転移することが少ないということから、いまだに統一された病期の分類法がありません。
胸腺腫の病期は一般に周囲の臓器にまでがんが浸潤しているか、浸潤していないかによって判断していきます。

病期の分類方法の代表的なもののひとつは4つのステージに分類する方法です。
ステージ1は、腫瘍が完全に被膜におおわれている状態です。
ステージ2は、腫瘍が被膜を破り、周囲の脂肪組織への浸潤がみられる場合です。
ステージ3は、腫瘍が周囲の臓器にまで浸潤している場合です。
ステージ4は、播腫、つまり、腫瘍が種を撒くように肋膜や心膜にまで広がっている状態です。
リンパ節転移も見られます。

胸腺腫の治療の基本は手術による外科治療です。
外科治療により腫瘍をすべて切除することができれば、胸腺腫はほぼ治癒することができます。

放射線療法は、手術をおこなった後に、腫瘍が再発しないようにする目的で行われることがあります。
また、がんが進行していたり、患者の年齢や体力面を考慮して手術が不可能な場合にも、放射線による治療が選択されます。

抗がん剤投与による化学療法は、主に進行が進み、全身に転移が起こった場合に用いられます。
抗がん剤を投与することにより、薬が血液を流れて全身へ運ばれ、全身に転移しているがんに作用して死滅していきます。
化学療法は、手術をおこなう前に使われることもあります。
手術の前に化学療法をおこない、あらかじめ腫瘍をある程度まで小さくしておいてから、手術をおこなうことで、腫瘍をすべて摘出することが可能になることをねらっています。

ホルモン療法は、主に化学療法と併用して行われます。
ホルモン療法は、ステロイドといわれるホルモン剤を、抗がん剤と一緒に投与していきます。

がんの克服方法

胸腺腫の治療方法【胸腺腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ