胸腺腫の予防方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな予防方法があります

胸腺腫を予防するためには、早期発見が最も重要です。
早期発見をするためには、定期的な健康診断を受けることが大切です。

胸腺腫の場合、検診などでの胸部X線検査で偶然発見されることもあります。
このようにして発見される場合は、比較的早期の段階であることが多くなります。
早期で発見することができ、他の部位への転移が見られない場合、胸腺腫はほぼ治癒することができる病気です。
早期発見をするためにも、年に一度の健康診断は必ず受けるようにしましょう。

また、胸腺腫の症状としては、ずっと続く咳、胸部痛、呼吸困難などがあげられます。
もしもこれらの症状が続くようであれば、すぐに病院で検査をしてもらいましょう。
病院では、胸部CT検査やMRI検査などを行い調べていきます。
また腫瘍組織の一部を採取し、顕微鏡で詳しく検査する必要があります。
胸腺腫は非常に症例の少ない病気なだけに、症例を扱ったことのない病院などでは検査や対応が遅れてしまうことも考えられます。
転移しないうちに治療を行うことで予後の経過がはっきりとわかれてくる病気のため、できるだけ早く治療を開始することがとても重要となります。

一方、胸腺腫を発症する要因として、重症筋無力症などの免疫異常の病気を発症することがあげられます。
これら免疫異常が原因の病気は、胸腺とは関係があると考えられています。
これらの免疫異常の病気は、なんらかの原因で自己免疫異常が起こり、自己の抗体が攻撃されることによって生じます。
このような免疫異常がどうして起こるのかについてはまだはっきりと解明がされていません。
そのため、予防を行うことはできませんが、もしもこれらの病気を発症した場合は、すぐに病院で治療を行うことが大切です。

がんの克服方法

胸腺腫の予防方法【胸腺腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ