胸腺腫の原因【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな原因があります

胸腺腫を発症するはっきりとした原因はまだわかっていません。
胸腺腫は比較的まれな病気です。
胸腺腫の発症率は年齢別で見ると30歳以上の成人に見られます。
男女別でみると、男女の発症率の違いはありません。

胸腺腫は免疫機能の異常と関係があるといわれています。
それらの病気を発症したことが引き金となり、胸腺腫を合併することもあります。
また胸腺腫を発症することで、これらの病気を合併することもあります。

免疫異常の代表的な病気としては、重症筋無力症があげられます。
重症筋無力症は、神経の刺激が筋肉に伝わりにくくなり、全身の筋肉が低下してしまう病気です。
この病気を発症するのは、女性のほうが若干多いとされています。
年齢別で見ると、30歳~40歳の女性に多く見られるといいます。
主な症状としては、瞼が下がる眼瞼下垂、ものを飲み下せなくなる嚥下障害などがあげられます。
重症筋無力症の患者の約3割は胸腺腫を合併するといわれています。
この重症筋無力症を治すには、その根本的な原因となっている免疫異常を改善することが必要です。
そのためには、胸腺手術をおこなうことが有効だとされています。
重症筋無力症以外の免疫異常の病気には、シェーグレン氏病、赤芽球癆(せきがきゅうろう)などがあげられます。

がんの克服方法

胸腺腫の原因【胸腺腫の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ