胸腺腫の症状【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな症状があります

胸腺腫は胸腺というところに発生する腫瘍です。

胸腺は胸骨のちょうど裏側、心臓の前面にある小さな臓器です。

胸腺腫は進行の速さは比較的遅く、転移もしにくいがんです。

しかし、いったん転移してしまうと、肺や心臓など周囲の臓器へと浸潤し、どんどん広がっていきます。

胸腺腫の症状は2つの種類に分けて考えられます。

ひとつは、腫瘍そのものに対する症状、そしてもうひとつは免疫機能異常など合併症の症状です。

胸腺は成人になり使われなくなることから退化した組織のため、初期の症状があらわれることはありません。

腫瘍が大きくなってくると、いくつかの症状があらわれるようになります。

症状は、腫瘍が大きくなることで周囲の臓器を圧迫することによりおこります。

主な症状は、胸痛、呼吸困難、咳、喀痰といった症状があらわれます。

浮腫や頚部のうっ血の症状が出ることもあります。

しかし、これらの症状は必ずしも出るとは限らず、何の症状もあらわれないこともあります。

これらの症状があらわれたときには、胸腺腫はかなり進行しているものと思われます。

一方、免疫機能異常による合併症による症状としては、代表的なものは重症筋無力症と赤芽球癆です。

重症筋無力症は全身の筋肉が低下してしまう病気です。

全身の筋肉が低下することによるさまざまな症状が出てきます。

赤芽球癆の主な症状は貧血です。

【PR】
原付の処分で困ったら、熊本 原付処分にお任せください!

がんの克服方法

胸腺腫の症状【胸腺腫の警告】記事一覧

胸腺腫の原因【胸腺腫の警告】

胸腺腫を発症するはっきりとした原因はまだわかっていません。胸腺腫は比較的まれな病気です。胸腺腫の発症率は年齢別で見ると30歳以上の成人に見られます。男女別でみると、男女の発症率の違いはありません。胸腺腫は免疫機能の異常と関係があるといわれています。それらの病気を発症したことが引き金となり、胸腺腫を合...

≫続きを読む

胸腺腫の予防方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫を予防するためには、早期発見が最も重要です。早期発見をするためには、定期的な健康診断を受けることが大切です。胸腺腫の場合、検診などでの胸部X線検査で偶然発見されることもあります。このようにして発見される場合は、比較的早期の段階であることが多くなります。早期で発見することができ、他の部位への転移...

≫続きを読む

胸腺腫の治療方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫の治療方法は、外科療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。どの治療方法を行っていくかは、がんの進行度や全身状態に応じて選択していきます。胸腺腫の場合、非常に発症例が少ないということと、他の部分に転移することが少ないということから、いまだに統一された病期の分類法がありません。胸腺...

≫続きを読む

胸腺腫の名医【胸腺腫の警告】

胸腺腫は非常にまれな病気です。そのため、胸腺腫を扱ったことのある医療機関や専門医も限られてくることになります。国立がんセンターにおいても、この30年間に胸腺腫の切除手術を行なった症例はわずか100例となります。胸腺腫の治療を行うためには、やはり実績と経験のある医療機関や外科医のいるところにお願いする...

≫続きを読む

胸腺腫の手術方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫の手術の方法はいくつかあり、がんの進行度や大きさなどによってどの方法を行うかを決定します。最も一般的な手術方法は、腫瘍を含む胸腺をすべて切除する胸腺全摘術です。手術は前胸壁の真ん中の皮膚を約25センチ程度切開することにより胸腺を摘出していきます。これを胸骨正中切開といいます。腫瘍が被膜の覆われ...

≫続きを読む

胸腺腫の克服方法【胸腺腫の警告】

胸腺腫の治療後の5年後生存率は、がんの進行具合によって大きく異なってきます。比較的早期の段階で、腫瘍が被膜内にとどまるもの、あるいは周囲の脂肪組織のみに浸潤がみられる段階に関しては、5年後の生存率は約90~100%にも達し、非常に予後は良好であるといえます。一方、それよりも進行している場合の5年後の...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ