小細胞肺がんの克服方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな克服方法があります

小細胞肺がんは再発しやすいといわれる、とてもやっかいながんです。
小細胞肺がんの5年後の生存率は、限局型の場合、2年後生存率は約50%、4年後生存率は約25%になります。
一方、進展型の場合は、3年後生存率が約10%になります。
これらの数値はあくまでも統計学的な数値であり、当然、個人によっても生存率は異なってきます。

小細胞肺がんは進行が速く、早期の段階で全身に転移してしまう場合が多くなります。
そのため、全身に抗がん剤を投与し治療を行っていきます。
がんが進行しているにもかかわらず、この抗がん剤治療によりがんがきれいに治ってしまう患者も中にはいます。
そのため、進行が進んでいるからといって、すぐにあきらめてしまうのはよくありません。

進行が進んだ進展型のがんの場合でも、治療によってはかなり効果の期待できるものもあります。
進行を遅らせるためにも、適切な治療が必要となります。
小細胞肺がんの治療の研究は世界でもさかんに進められており、日本での研究は世界でもトップクラスだといいます。
新しい治療方法も臨床試験によって生まれてきています。
それらの新しい治療方法を試してみるのもひとつの方法であるかもしれません。
担当医師と相談しながら、治療を行っていくことが大切です。
決して最後まであきらめずに、がんを克服するという強い医師を持ち、治療に望みましょう。

がんの克服方法

小細胞肺がんの克服方法【小細胞肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ