小細胞肺がんの名医【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな名医があります

小細胞肺がんは進行が速く、転移もしやすいやっかいながんです。
しかし、小細胞肺がんの治療に関しては、世界的にさかんに進められており、近い将来には新しい研究結果が発表されるかもしれません。
また、日本における小細胞肺がんの研究は世界でもトップクラスであるといいます。

小細胞肺がんの治療を行うにあたっての大きな特徴は、最初に行う初期治療での感受性が非常に高いということです。
つまり、最初の治療で最強の治療を行うことで、かなり希望の持てる高い治療効果を出すことができるのです。
実際に、初期の治療で最強の治療を行うことにより、小細胞肺がんのがんを半分以下にまで縮小させたという患者が全体の90%を超えています。
小細胞肺がんと診断され、これからさっそく治療をはじめようとする人は、このことをよく知っておく必要があります。
その上で、最適な治療を行ってくれる病院を探さなければなりません。

最強の初期治療を行ってくれる病院と専門医が見つかったら、すぐにでも治療を行わなければなりません。
治療に当たっては、主治医の説明をよく聞き、理解してから行うことが大切です。
最強の治療ということは、大量の抗がん剤や放射線を使うことでもあり、そのために考えられる副作用も大きいと思われます。
たしかに、副作用は強くてもそれだけ治療する価値はあります。
しかし、実際にはどのくらいの副作用が出るのか、医師と相談しながら治療を行わなければなりません。
親身に相談に乗ってくれて、一緒に治療に専念してくれる医師選びが必要となります。
副作用が強い治療となるだけに、患者は常に治癒できるという希望を持って、強い気持ちで治療に望むことが重要です。

がんの克服方法

小細胞肺がんの名医【小細胞肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ