小細胞肺がんの予防方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな予防方法があります

小細胞肺がんの予防方法としては、まず喫煙をやめることがあげられます。
小細胞肺がんを発症する危険リスクとして、タバコとの因果関係は明らかになっています。
実際に、10年間禁煙をした場合、小細胞肺がんを発症する確率は約3分の1から2分の1までに低くなるといわれています。
喫煙は小細胞肺がんの発症要因になるばかりではなく、その他のがんの発症原因ともなります。
現在喫煙の習慣のある人は、ぜひ、禁煙をすることをおすすめします。

大気汚染なども小細胞肺がんの発症リスクを高くすると考えられます。
できれば大気汚染の激しい地域に住まないで、できるだけ空気のきれいな地域に住むこともひとつの予防策です。

肺がんの予防に効果があるとされている食べ物を積極的に摂取することもひとつの予防方法です。
肺がん予防に効果があるとされるのは、緑黄色野菜や果物、お茶などです。
緑黄色野菜に多く含まれるベータカロチンには、強い抗酸化作用があります。
そのため、細胞をがん化させてしまう活性酸素抑制して免疫機能を高めてくれる効果があるのです。
逆に発がんを促す食べ物は避けるようにするとよいでしょう。
発がんを促す食べ物としては、動物性脂肪、加工食品、焦げた肉や魚、塩分の多い食べものなどがあげられます。

以上のことに加えて、年に一度は検査を受けることをおすすめします。
検査を受けることは早期発見にもつながり、非常に重要です。

がんの克服方法

小細胞肺がんの予防方法【小細胞肺がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ