小細胞肺がんの原因【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな原因があります

小細胞肺がんを発症する原因として一番に考えられるものは喫煙です。
小細胞肺がんと喫煙との因果関係は明らかだといわれています。
長年にわたり喫煙を習慣にしている人、特にヘビースモーカーの人は発症リスクが高いといえます。
最近の傾向として、女性の喫煙者が増加してきていることから、女性の患者も増えてきています。
また、加齢も要因のひとつと考えられます。

喫煙はしない人でも、受動喫煙者となったことで肺がんを発症する人が増加してきていることから、タバコの煙による影響が問題視されてきています。
家族や身近な人に喫煙をする人がいる場合は、間接的にタバコの煙を吸っていることになるため要注意です。
間接的であってもそれが長期間にわたれば、がんの発症リスクとなります。

排気ガスなどの大気汚染も、肺がんの発症に影響を与えるといわれています。
地域的に大気汚染のひどい都市部に住んでいる人の方が、そうではない人にくらべて発症する確率が高くなるというデータもあります。

鉱山などにあるガスのラドンも肺がんを発症する要因となると考えれています。
また、アスベスト曝露と喫煙が重なると、肺がんを発症する危険があるとされています。

遺伝による原因も指摘することができます。
家族や近い親戚の中に小細胞肺がんを発症した人がいる人は、発症のリスクが高くなるといえます。

がんの克服方法

小細胞肺がんの原因【小細胞肺がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ