小細胞肺がんの症状【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな症状があります

小細胞肺がんは肺がんの一種です。
小細胞がんは肺がん全体の中で約15%を占めます。
小細胞肺がんの特徴は非常に増殖スピードが速いことです。
そのため他の部位に転移もしやすく、脳、骨、リンパ節、肝臓などへの転移が多くみられます。

小細胞肺がんは、比較的早期のうちから症状にでやすいがんです。
症状としては、咳がとまらない、息切れ、胸痛などがあげられます。
喘鳴(ぜいめい)がおこったり、血痰がでるといった症状がみられることもあります。
また、神経までおかされると、腕に痛みや痺れを感じたりすることもあります。
このような症状のうちどれかひとつでも見られた場合は、できるだけ早く病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

さらにがんが進行すると原因不明の食欲減退や急激な体重減少、全身倦怠感などの全身症状があらわれます。
ここまでくるとがんが全身に転移したことも考えられます。

小細胞肺がんの症状の特徴としては、まれにではありますが、顔が腫れて丸くなるムーンフェイス症状があらわれることがあります。
これは、がん細胞の影響で異常なホルモン産生がされるために発生します。
また、血糖値があがる、血圧が上昇するといった症状が出ることもあります。
肥満になる場合もあります。

がんの克服方法

小細胞肺がんの症状【小細胞肺がんの警告】記事一覧

小細胞肺がんの原因【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんを発症する原因として一番に考えられるものは喫煙です。小細胞肺がんと喫煙との因果関係は明らかだといわれています。長年にわたり喫煙を習慣にしている人、特にヘビースモーカーの人は発症リスクが高いといえます。最近の傾向として、女性の喫煙者が増加してきていることから、女性の患者も増えてきています。...

≫続きを読む

小細胞肺がんの予防方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんの予防方法としては、まず喫煙をやめることがあげられます。小細胞肺がんを発症する危険リスクとして、タバコとの因果関係は明らかになっています。実際に、10年間禁煙をした場合、小細胞肺がんを発症する確率は約3分の1から2分の1までに低くなるといわれています。喫煙は小細胞肺がんの発症要因になるば...

≫続きを読む

小細胞肺がんの治療方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんの治療は、標準治療が確立されています。しかし、臨床試験として新しい治療法が試みられることもあります。現在の標準的な治療法としては、手術、放射線療法、化学療法、レーザー療法、内視鏡的ステント留置術の5つの治療方法があります。小細胞肺がんの場合は、発見された段階ですでに進行していることが多く...

≫続きを読む

小細胞肺がんの名医【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんは進行が速く、転移もしやすいやっかいながんです。しかし、小細胞肺がんの治療に関しては、世界的にさかんに進められており、近い将来には新しい研究結果が発表されるかもしれません。また、日本における小細胞肺がんの研究は世界でもトップクラスであるといいます。小細胞肺がんの治療を行うにあたっての大き...

≫続きを読む

小細胞肺がんの手術方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんに対して手術を行うことは非常にまれになります。小細胞肺がんは進行が速く、非常に悪性度の高いがんです。発見されたときにはすでに進行しているケースがとても多く、また他の部位への転移も頻繁にみられます。たとえ手術により腫瘍を取り除いたとしても、すでにがんが全身に転移してしまっていることも多いの...

≫続きを読む

小細胞肺がんの克服方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんは再発しやすいといわれる、とてもやっかいながんです。小細胞肺がんの5年後の生存率は、限局型の場合、2年後生存率は約50%、4年後生存率は約25%になります。一方、進展型の場合は、3年後生存率が約10%になります。これらの数値はあくまでも統計学的な数値であり、当然、個人によっても生存率は異...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ