基底細胞がんの名医【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんにはこんな名医があります

基底細胞がんは転移することは非常にまれで、通常は転移することはありません。
転移がおこるのは、基底細胞眼全体の約0.01~0.1%程度だといわれています。
そのまま放置しておくと筋肉などに浸潤することはありますが、リンパ節やその他の臓器などに転移することはありません。
そのため、手術によりがんをすべて摘出することができれば、治るケースがほとんどです。

しかし、がんのできた場所によっては注意が必要です。
特に腫瘍がまぶたや眼の周りにできた場合は、外科治療による切除も非常にデリケートで難易度が高くなります。
切除の仕方によっては、まぶたが閉じにくくなるなど、さまざまな手術の後遺症があらわれるケースも考えられます。

そのため、目の周りの手術を行う場合は、後で後悔しないためにも、多くの治療経験と実績を持つ医師を探した方がいいでしょう。
技術的にも信頼でき、安心して手術をまかせられる医師にお願いするのが一番です。
手術を成功させるためにも、治療を行う前には皮膚生検など、精密に検査を行なう必要があります。
手術は正確に診断した上で行なわれなければなりません。

基底細胞がんは、外科手術により腫瘍をすべて切除することができれば、治る病気です。
他の部位に転移することもないため、他のがんのように再発を恐れることもありません。
しかし、治療を行うにあたっては、主治医は治療方法や治療方針を患者に詳しく、わかりやすく説明をしなければなりません。
そして、最終的には患者本人が決定を行なうインフォームド・コンセントがなされなければなりません。
患者は比較的高齢者が多いということからも、患者の精神的な不安も極力取り除いてくれて、親身に相談にのってくれる主治医でなければならないでしょう。

がんの克服方法

基底細胞がんの名医【基底細胞がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ