基底細胞がんの治療方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんにはこんな治療方法があります

基底細胞がんの治療方法には、基本的には手術により外科治療を行います。
基底細胞がんの患者は高齢者が多いため、体力的な理由や、またそのほかの持病などの関係で手術が難しい場合には、放射線による治療が行われることもありますが、特殊なケースとなります。
放射線治療については、がんが目の近くにできている場合には、がんの部分に放射線を照射することにより、副作用として白内障などを発症することも考えられます。
また、最悪の場合には失明の危険もあります。
そのため、可能な限りは、外科手術により治療を行うことになります。

また、場合によっては、凍結療法が選択される場合もあります。
凍結療法は、-20~-50℃に冷やした液体窒素を腫瘍部分に当てることによって、腫瘍を凍結させて壊死させる方法です。
凍結療法による治療は、多少の疼痛は伴いますが、麻酔も行なず、外科手術に比べて術中、術後ともに、比較的患者への負担も少なくてすみます。
そのため、高齢の患者や、持病を持っている患者に対しては、この凍結療法が選択されることもあります。

しかし、凍結療法、放射線療法、あるいは外用薬による治療を行ったとしても、手術による治療を行った場合と比較して、その治療の効果は劣ってしまうのが現状です。
どうしても手術を希望しない患者に対しては無理に外科治療を行うことはできませんが、治癒率の高さからもできるだけ外科治療を行うことをすすめています。

がんの克服方法

基底細胞がんの治療方法【基底細胞がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ