基底細胞がんの原因【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんにはこんな原因があります

皮膚がんにはいくつかの種類があります。
主な種類は、有棘細胞がん、悪性黒色腫(メラノーマ)、そして基底細胞がんです。
そのうちこの基底細胞がんは日本人では最も発症の多い皮膚がんです。
基底細胞がんは、皮膚の表皮の基底層の組織ががん化することにより発症します。

基底細胞がんを発症する要因として最も影響のあるものは、紫外線を浴びることによる発症です。
長年にわたり紫外線を浴び続けることにより、基底細胞がんを発症するリスクが高くなると思われます。
基底細胞がんを発症する年齢は、高齢者に多く、全体の70%以上が60歳以上の高齢者になります。
そのため、加齢も発症リスクを高くする要因と考えられます。

紫外線以外の発症リスクとして考えられるのは、放射線の照射があげられます。
過去に何かの病気の治療で放射線の照射による治療を行った事のある人は、それだけ発症リスクも高くなると考えられます。
また、過去に火傷をしたことのある人や、外傷のある人、皮膚病を発症したことのある人もリスクが高くなります。

生まれつきの病気で、皮膚が弱い色素性乾皮症という病気にかかっている人は、普通の人よりも発症リスクとなります。
さらに近年、がん抑制遺伝子の異常が影響しているということもわかってきています。

がんの克服方法

基底細胞がんの原因【基底細胞がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ