基底細胞がんの症状【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんにはこんな症状があります

皮膚は表面に近いものから順に、表皮、真皮、皮下組織とにわけることができます。
このうち、表皮の一番下層部である基底層などに発生するがんを基底細胞がんといいます。
基底細胞がんは皮膚がんの一種です。

主な初期の段階での症状としては、黒いできものがあげられます。
この黒いできものはほくろと間違われることもあります。
このほくろのような黒いできものは、最初のうちは小さいものが、徐々に大きくなっていきます。
腫瘍の大きくなる通常は速度は非常に遅く、数年かかって徐々にゆっくりと大きくなっていきます。
通常は痛みやかゆみなどの自覚症状はあらわれません。

基底細胞がんの腫瘍の形はさまざまです。
中央がこぶのように盛り上がって硬くなり、進行していくとやがて中央部分が陥没して腫瘍のようになるものもあります。
また、傷跡にような斑状でになるものもあります。
またあまり症例は多くありませんが、黒ではなく薄い紅色や白い腫瘍のものもあります。
また、かさぶたができ、出血をしてぽろぽろになって治ったかと思えば、またそれを繰り返すといった腫瘍もあります。

基底細胞がんのできやすい場所は顔、頭、首などの部分で、85%は顔部分に発生するといわれます。
顔では、上下のまぶたの上や、鼻、上唇の周り、耳の周りなどによく発生します。

がんの克服方法

基底細胞がんの症状【基底細胞がんの警告】記事一覧

基底細胞がんの原因【基底細胞がんの警告】

皮膚がんにはいくつかの種類があります。主な種類は、有棘細胞がん、悪性黒色腫(メラノーマ)、そして基底細胞がんです。そのうちこの基底細胞がんは日本人では最も発症の多い皮膚がんです。基底細胞がんは、皮膚の表皮の基底層の組織ががん化することにより発症します。基底細胞がんを発症する要因として最も影響のあるも...

≫続きを読む

基底細胞がんの予防方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんは皮膚がんの中では最も発症率が高く、毎年10万人あたり5人以上が発症しているといわれています。基底細胞がんの発症と紫外線との関係は明らかです。基底細胞がんを予防する上では、できるだけ紫外線を直接浴びないように対策を行なうことが重要です。外にでるときには、日焼け止めなどを塗り、紫外線対策を...

≫続きを読む

基底細胞がんの治療方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんの治療方法には、基本的には手術により外科治療を行います。基底細胞がんの患者は高齢者が多いため、体力的な理由や、またそのほかの持病などの関係で手術が難しい場合には、放射線による治療が行われることもありますが、特殊なケースとなります。放射線治療については、がんが目の近くにできている場合には、...

≫続きを読む

基底細胞がんの名医【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんは転移することは非常にまれで、通常は転移することはありません。転移がおこるのは、基底細胞眼全体の約0.01~0.1%程度だといわれています。そのまま放置しておくと筋肉などに浸潤することはありますが、リンパ節やその他の臓器などに転移することはありません。そのため、手術によりがんをすべて摘出...

≫続きを読む

基底細胞がんの手術方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんの治療は基本的にはほとんど外科療法を行ないます。基底細胞がんは他の部位へ転移をしないため、腫瘍をすべて切除してしまうことができれば治すことができます。手術は、腫瘍部分とその周辺の皮膚を数ミリ程度、少し大きめの範囲で切除します。切除する皮膚の深さも、皮下脂肪組織を十分な深さまで切除します。...

≫続きを読む

基底細胞がんの克服方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんは皮膚がんの中でも最も予後の良好ながんです。基底細胞がんは他の部位へ転移することがないため、治癒率も約95%になります。基底細胞がんは、ほとんど場合、外科手術により腫瘍部分を切除することにより、治すことができます。しかし、基底細胞がんは、再発する確率が高くなります。再発する場合は、前と同...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ