脳腫瘍の克服方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな克服方法があります

悪性の脳腫瘍の場合、腫瘍が周囲の正常な脳組織に浸潤しているため、腫瘍をすべて切除することは難しくなります。
そのため、腫瘍の一部を残したまま、術後、さらに放射線療法や化学療法などにより治療を続けていくことになります。
しかし、これらの標準治療でも完全に治すことができないケースもあります。

あるいは、抗がん剤投与による副作用を避けたい、副作用に不安ある、副作用により生活の質が落ちるのを避けたい、できることなら抗がん剤投与は避けたいというような希望を持つ患者も多いに違いありません。
また、標準治療により治療は終了したが、再発予防のためにこれからも治療を続けていきたいと希望する人もいるでしょう。

これらの人たちにとっては、免疫療法のひとつでもある樹状細胞ワクチン療法という治療法もあります。
樹状細胞ワクチン療法は、特定のがん細胞だけを攻撃して治療するという、非常に効率のいい治療法です。
この療法による副作用はほとんどありません。

たとえ悪性の脳腫瘍にかかったとしても、現在の最先端の医療技術で的確に治療を行っていけば、脳腫瘍を克服することは可能なのです。
絶対に脳腫瘍を治して、克服するという強い意志と希望を持って生きることが一番大切なことです。

がんの克服方法

脳腫瘍の克服方法【脳腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ