脳腫瘍の手術方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな手術方法があります

脳腫瘍の治療を行う前には、病理検査が行われます。
病理検査とは、手術で摘出した腫瘍の組織を顕微鏡で詳しく検査することをいいます。
この病理検査によってはじめて脳腫瘍としての診断名が下され、その後の治療方針が決められます。
具体的には、このまま様子を見ていくのか、手術により腫瘍を取り除くのか、あるいは放射線などの治療を行っていくのかといった治療方針が決められます。
この病理検査は、開頭手術によって行われる方法のほか、コンピュータによる手術ナビゲーションシステムを導入している病院もあります。
この手術ナビゲーションシステムは、手術を安全に行うための装置で、手術前に撮影していたCTやMRIの画像をコンピュータに記憶させることで、手術中にどこを手術しているのかを正確に把握することができる装置です。
しかし、この装置は非常に高価なため、導入している病院は限られてくるのが現状です。

病理検査により、手術による腫瘍摘出が可能だと判断された場合は、手術により腫瘍を摘出します。
あくまでも、腫瘍を安全に摘出できる範囲で摘出を行います。
悪性の腫瘍の場合、すべての腫瘍を摘出することはとても難しくなります。
これは、腫瘍のできた部位にもより、まわりの組織を傷つけてしまったり、正常な組織まで切除してしまうことで、片方の麻痺や言語障害といったような手術後の後遺症を避けるためでもあります。
手術中は、前述のナビゲーションシステムのほか、MEPやSEPのようなさまざまな電気生理学的モニタリング装置や、術中超音波診断装置など、手術中にリアルタイムで腫瘍をできる限り正確に把握し、少しでも多くの腫瘍を摘出できるようにしています。

がんの克服方法

脳腫瘍の手術方法【脳腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ