脳腫瘍の名医【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな名医があります

脳腫瘍は非常に難しい病気です。
その状態が深刻になればなるほど、名医といわれる専門医の力量が大きく影響してきます。
脳腫瘍に強いと高い評価を受けている名医のいる病院を探すのがいいでしょう。

脳腫瘍の手術は、一歩間違えれば、言語機能や運動機能にかかわる神経を傷つけ、術後に後遺症が残ってしまうケースが考えられます。
そういう、言語や運動の神経を傷つけずに手術を行うことに重点をおいた病院もあります。
覚醒下手術といわれる手術法で、手術をしながら患者と会話をし、言語機能が正常かどうかを確認しながら行う手術を行っていきます。

数多くある脳腫瘍の種類の中でも、たとえば脳下垂体腫瘍の手術において非常に優れている脳神経外科のある病院といったように、その分野でのトップクラスとして評判の高い病院を選ぶということも重要になります。

抗がん剤と放射線療法を併用した化学放射線療法に特に力を入れている病院もあります。

脳腫瘍の場合、たとえ名医といわれる医師に治療、手術をしてもらっても、完治しないケースも考えられます。
また、たとえ手術が成功したとしても、後遺症が残ってしまう可能性も完全には否定できません。
しかし、難しい病気であるがゆえに、名医といわれる医師に執刀してもらうということが大きな救いであり、大きな希望となることは確実です。

一番の願いは、名医に見てもらい、そして病気が完治することです。
必ず治るという強い希望を持って、治療に望むことはとても大切なことです。

がんの克服方法

脳腫瘍の名医【脳腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ