脳腫瘍の治療方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな治療方法があります

脳腫瘍には、脳組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、脳以外の場所から転移して発生する「転移性脳腫瘍」とがあります。
さらに脳腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍とがあり、がんは悪性腫瘍の一種です。
脳腫瘍の治療方法を決定するためにも、検査により、腫瘍の種類、悪性か良性か、腫瘍の進行度などをはっきりと診断する必要があります。
そのために、一度開頭手術を行い、腫瘍の組織を一部とり、それを顕微鏡で観察することで悪性か良性か、また悪性の場合は、どのくらいの悪性度なのかを判断することもあります。

脳腫瘍の治療方法は、手術療法、放射線療法、化学療法、免疫療法の4つがあります。
一般的に、良性腫瘍には手術療法のみが行われます。
一方、がんなどの悪性腫瘍の場合には、手術療法と組み合わせて放射線療法や化学療法も行われます。

手術療法は、手術により腫瘍を全部摘出する療法です。
良性の腫瘍の場合は、多くの場合、この手術のみで治癒します。

放射線療法は、主に手術療法と組み合わせて行います。
手術により、悪性腫瘍を全部摘出した場合でも、この放射線療法もおこなれます。
また、良性腫瘍の場合で、すべて腫瘍を摘出できなかった場合にも用いられます。

また、抗がん剤投与による化学療法も、手術療法や放射線療法と併用して行われます。
化学療法の方法には、経口投与、静脈注射、局所投与などいくつかの方法があります。
また、いろいろな薬剤の組み合わせも行われています。

そのほかの治療法としては、免疫療法があります。
これは、人間がもともともっている免疫力を高め、それをうまく利用することで腫瘍を治療していこうとするものです。
悪性の脳腫瘍への利用は特に注目されており、多くの臨床試験も行われています。

がんの克服方法

脳腫瘍の治療方法【脳腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ