脳腫瘍の症状【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな症状があります

脳腫瘍の症状は、悪性、良性にかかわらずあらわれます。
症状は、突然激しく発症するものもあれば、初めは軽い症状であらわれ、徐々に症状が進行していくものもあります。

脳腫瘍の3兆候は、頭痛・はき気・嘔吐の3つだといわれます。
そのほか、脳腫瘍には様々な症状があらわれますが、腫瘍ができた場所や腫瘍の大きさ、また腫瘍の増殖速度によってによって異なってきます。
脳腫瘍は、はじめのうちは症状にはあらわれませんが、腫瘍が大きくなり、腫瘍により脳組織が破壊されたり、頭蓋内圧が上昇しはじめると症状があらわれます。

脳腫瘍の最初の症状としてよくあらわれるのが頭痛です。
朝起きたときに激しい頭痛を感じたり、横になっているときに悪化することが多くみられます。
腫瘍が大きくなるにつれ、頭痛は激しくなり、頻度も頻繁になってきます。

また、吐き気に関しては、頻繁に吐く、突発的に吐くなどの症状があらわれます。

そのほかの症状としては、ひきつけ、会話障害、運動障害などがあります。
これは、腫瘍が脳内と圧迫することにより、運動神経や感覚神経などに影響を及ぼすことにより生じます。

腫瘍のできる部位によっても症状は様々ですが、手足の麻痺、言語障害、視力障害、聴力障害、無気力、めまい、ホルモン異常などの症状があらわれることもあります。

また、脳腫瘍の症状として、人格の変化があげられます。
うつ状態が続いたり、不安感があらわれ、これまでのように仕事が手につかなくなることもあります。
眠気や混乱といった症状もあらわれることがあります。

脳腫瘍が、他のがんからの転移の場合には、そのがんの症状も同時にあらわれます。

がんの克服方法

脳腫瘍の症状【脳腫瘍の警告】記事一覧

脳腫瘍の原因【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍を発症する原因として、遺伝子の突発的異常、放射線、電磁波、化学物質などが考えられていますが、脳腫瘍のはっきりとした原因はいまだに明確にされていないのが現状です。最近では、携帯電話やパソコンを長時間使用することで電磁波の影響を受け、それが原因で遺伝子が突破的に異常となり、脳腫瘍を発症するのではな...

≫続きを読む

脳腫瘍の予防方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍の明確な原因は、まだ解明されておらず、研究段階にあります。脳腫瘍のはっきりした原因がわからないため、脳腫瘍の予防策もはっきりとはいえないのが現状です。しかし、脳腫瘍のリスクを高め、悪化を促す要因として考えられる生活習慣のいくつかを改善することは、脳腫瘍の予防として有効です。脳腫瘍の予防としては...

≫続きを読む

脳腫瘍の治療方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍には、脳組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、脳以外の場所から転移して発生する「転移性脳腫瘍」とがあります。さらに脳腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍とがあり、がんは悪性腫瘍の一種です。脳腫瘍の治療方法を決定するためにも、検査により、腫瘍の種類、悪性か良性か、腫瘍の進行度などをはっきりと診断する必要が...

≫続きを読む

脳腫瘍の名医【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍は非常に難しい病気です。その状態が深刻になればなるほど、名医といわれる専門医の力量が大きく影響してきます。脳腫瘍に強いと高い評価を受けている名医のいる病院を探すのがいいでしょう。脳腫瘍の手術は、一歩間違えれば、言語機能や運動機能にかかわる神経を傷つけ、術後に後遺症が残ってしまうケースが考えられ...

≫続きを読む

脳腫瘍の手術方法【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍の治療を行う前には、病理検査が行われます。病理検査とは、手術で摘出した腫瘍の組織を顕微鏡で詳しく検査することをいいます。この病理検査によってはじめて脳腫瘍としての診断名が下され、その後の治療方針が決められます。具体的には、このまま様子を見ていくのか、手術により腫瘍を取り除くのか、あるいは放射線...

≫続きを読む

脳腫瘍の克服方法【脳腫瘍の警告】

悪性の脳腫瘍の場合、腫瘍が周囲の正常な脳組織に浸潤しているため、腫瘍をすべて切除することは難しくなります。そのため、腫瘍の一部を残したまま、術後、さらに放射線療法や化学療法などにより治療を続けていくことになります。しかし、これらの標準治療でも完全に治すことができないケースもあります。あるいは、抗がん...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ