骨腫瘍の克服方法【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな克服方法があります

悪性骨腫瘍の骨肉腫の場合、かつては「不治の病」といわれ、生存率の著しく低い病気でした。
しかし、ここ十数年の間に、骨肉腫の治療は大きく変わりました。
抗がん剤の開発による化学療法が飛躍的に進歩し、生存率も高くなりました。

骨肉腫などで患者が子供の場合、治療の数ヵ月後、あるいは数年後に、抗がん剤などの治療の副作用があらわれてくることがあります。
これを晩期障害をいい、現在、マスコミなどで問題として取り上げられることもしばしばです。
主な症状としては、発育不全などの身体的な障害のほか、気分、思考、学習能力などへの影響もあります。
また、2次がんとして、新たに別のがんを発症するといった例もあげられています。
このような後遺症があらわれてしまうと、患者のその後の人生を台無しにしてしまう可能性もあります。

これらの晩期障害は、治療の前に医師と相談して治療を進めていけば、ある程度は予防することが可能になっています。
現在では、患者の治療後のQOLを低下させないような配慮を行う医師や病院も増えてきました。
治療を行う際には、治療の後遺症について配慮しながら治療してくれる医師を選ぶことがとても重要になります。
そして、病気を完全に克服するためには、これらの後遺症について医師と相談しながら治療を進めていくことが必要です。

がんの克服方法

骨腫瘍の克服方法【骨腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ