骨腫瘍の手術方法【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな手術方法があります

骨腫瘍の手術方法は、腫瘍の種類や腫瘍の大きさによってもいくつかの方法があります。

悪性の骨肉腫の手術の場合は、腫瘍の部位である脚あるいは腕を切断するか、温存するかという選択肢があります。
腫瘍だけを切除し、脚あるいは腕は切断せずにそのまま温存する手術を、四肢温存術といいます。
骨肉腫の手術の場合、ほとんどはこの方法を行います。
切除は腫瘍部分とその周囲の正常な組織を切除する広範囲局所切除術が行われます。
切除した組織や骨の部分には、患者の他の場所からとった組織や骨が用いられます。
腫瘍部分とその周囲の組織を十分に切除しきれない場合には、切断手術が行われる場合もあります。

切断術は、腫瘍部分と、腫瘍のできた脚や腕の一部、あるいはすべてを切除する手術です。
切断した脚の代わりには、義肢が装着されることになります。

一方、他のがんの転移による転移性骨腫瘍の場合、元のがんの種類や状態によっても治療方法は異なってきます。
がんによる骨転移で一番多いのが、背骨への転移です。
骨に転移した腫瘍が小さい場合は、化学療法や放射線療法で治療をしていきます。
腫瘍が大きい場合は、手術により腫瘍を切除し、その後に放射線療法により治療を行っていくこともあります。
従来では、背骨にがん転移が見つかると、末期状態だと判断され、治療は麻痺症状の改善やターミナルケアといった治療が行われてきました。
しかし、最近では検査の精度がよくなったことで、早期の骨転移も発見できるようになりました。
このため、骨転移が見つかっても、手術により治すことも可能になりました。

がんの克服方法

骨腫瘍の手術方法【骨腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ