骨腫瘍の名医【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな名医があります

悪性骨腫瘍の発症件数は全国でも非常に症例が少なく、年間10万人あたり0.8人という人数です。
このため、悪性骨腫瘍の患者を実際に治療したことのある病院数も少ないということになります。
このことからいえることは、悪性骨腫瘍の治療を受けるときには、同じ症例をできるだけ多く治療をしたことのある専門医を探す必要があるということです。
症例数が限られる病気の場合、そのような専門医がいるのは、やはり国立がんセンターや大学病院といったような病院クラスになるでしょう。
市内の病院では、症例を扱った経験のない医師がほとんどでしょう。

同じ症例を多く扱った経験のある専門医を見つけることができたら、治療方法について詳しく話し合いましょう。
治療では大量の抗がん剤を投与していくことになるでしょう。
抗がん剤による副作用や後遺症については、具体的にどういった症状があらわれるのか、必ず確認しなければなりません。
骨肉腫などの場合、患者は子供であることが多く、致命的な後遺症が残ることは、その子は一生大きなハンディを抱えて生きていかなければならないことになるからです。
後遺症などについて担当医をしっかりと話し合った上で、患者本人の意思を尊重しながら治療を続けていかなければなりません。
治療方針など、どうしても納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞くなどしましょう。

がんの克服方法

骨腫瘍の名医【骨腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ