骨腫瘍の予防方法【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな予防方法があります

骨肉腫のような原発性骨腫瘍の場合、その発症の原因がはっきりとわかっていません。
そのため、病気に対する予防方法も特にはないのが現状です。

一方、続発性骨腫瘍の場合は、体の他の部分のがんが骨に転移することで起こります。
骨に転移しやすいがんは、肺がん、乳がん、甲状腺がん、腎がん、骨髄腫などです。
がん細胞が骨にまで転移した場合、元のがんはかなり進行していることが考えられます。
そのため、治療して治癒できないほどにまで病気が進行してしまっている可能性も高くなります。

このような状態を防ぐためには、骨にまで転移する前にがんを治癒させることです。
がんの種類によって、その進行度も違いますが、できるだけ病気を早期のうちに発見をすることが必要です。

がんを早期に発見するには、定期的にがん検診を受けることが大切です。
そして、もしがんを発症していたら、早期のうちに治療をして治しましょう。

また、がん自体にならないためには、普段の生活習慣に気を配ることが大切な予防になります。
骨に転移しやすいがんである肺がんは、喫煙が大きな発祥リスクになります。
また、飲酒や普段の食生活の栄養のバランスも大切です。

転移性の骨腫瘍にならないためには、まず、その元となるがんにかからないようにすることが大切です。

がんの克服方法

骨腫瘍の予防方法【骨腫瘍の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ