骨腫瘍の症状【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな症状があります

骨腫瘍の一般的な症状としては、腫瘍の発生した部位の骨の痛み、腫れ、運動障害などがあります。

骨腫瘍の症状は、腫瘍のできた部位や腫瘍の種類によっても異なってきます。

悪性骨腫瘍の中で最も多い骨肉腫の初期の症状としては、疼痛があります。

これは、歩いたり走ったり、あるいは、跳んだりはねたりすると、膝の関節が痛む症状です。

また、ボールを投げた後に、肩の関節が痛むこともあります。

これらの症状は、安静にしているとおさまります。

そのため、運動のしすぎによる痛みだと勘違いしがちです。

しかし、そのままほおっておくと、痛みはさらにひどくなります。

そのうち、安静にしているときや寝ているときにも痛みを感じるようになったり、赤くなって患部が腫れてきます。

さらに進行すると、関節の動きが悪くなるといった症状もあらわれてきます。

骨肉腫についで頻度の高い軟骨肉腫の場合は、腫瘍がゆっくりと大きくなるため、痛みのような症状があらわれません。

硬い腫瘤のようなものが患部にできているのを発見してから気づくというケースも多くなります。

腫瘍の痛みのほかには、病的骨折が見られます。

これは、腫瘍のために骨がもろくなり、ちょっとした力でも骨折をしたり、あるいは何も力を加えないのに骨折したりといった症状です。

病的骨折は、腫瘍そのものの痛みが生じる前におこることがあります。

また、腫瘍が脊椎に生じた場合は、腫瘍が脊椎神経を圧迫するため、手足の痺れや麻痺といった症状があらわれることもあります。

他のがんの転移による転移性の骨腫瘍の症状としては、骨に転移した腫瘍がまだ小さいうちは痛みなどの症状はありません。

骨に転移した腫瘍が大きくなってくると、ちょっとしたことで骨折する病的骨折などの症状がおこります。

腫瘍が脊髄に転移すると、腰痛や背中の痛みを感じたりします。

さらに腫瘍が大きくなると、脊髄を圧迫し、手足の痺れや麻痺が起こります。

また、圧迫骨折を起こしたりすることもあります。

【PR】
骨腫瘍って気づかないでおくと、かなりひどい病状になってしまいます。

同じように、片付けを日頃やっていないと、気づいたらごみ屋敷状態になっている…そんなこともありえます。

片付けも病気も似ていますね。

どうしても自分では出来ないような状態になってしまったら、徳島片付けレスキューに依頼してみてください。

適正価格で不用品を処分してくれるのでオススメですよ。

がんの克服方法

骨腫瘍の症状【骨腫瘍の警告】記事一覧

骨腫瘍の原因【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍には良性骨腫瘍と悪性骨腫瘍とがあります。さらに、悪性骨腫瘍にも2種類あります。ひとつは、骨自体から発生する原発性骨腫瘍で、もうひとつは、体の他の部分にできた腫瘍が骨に転移した続発性骨腫瘍です。原発性骨腫瘍には、骨肉腫、ユーイング肉腫、軟骨肉腫、悪性線維性、組織球腫などいろいろな種類があります。...

≫続きを読む

骨腫瘍の予防方法【骨腫瘍の警告】

骨肉腫のような原発性骨腫瘍の場合、その発症の原因がはっきりとわかっていません。そのため、病気に対する予防方法も特にはないのが現状です。一方、続発性骨腫瘍の場合は、体の他の部分のがんが骨に転移することで起こります。骨に転移しやすいがんは、肺がん、乳がん、甲状腺がん、腎がん、骨髄腫などです。がん細胞が骨...

≫続きを読む

骨腫瘍の治療方法【骨腫瘍の警告】

悪性の骨腫瘍の治療方法には、手術療法、化学療法、放射線療法があります。手術療法は、手術により主要部分を切除する治療法です。手術により腫瘍をすべて摘出できる場合もありますが、悪性腫瘍の場合は、同時に化学療法と組み合わせて治療していくケースが多くなります。また、手術の前に、放射線療法などで腫瘍を小さくし...

≫続きを読む

骨腫瘍の名医【骨腫瘍の警告】

悪性骨腫瘍の発症件数は全国でも非常に症例が少なく、年間10万人あたり0.8人という人数です。このため、悪性骨腫瘍の患者を実際に治療したことのある病院数も少ないということになります。このことからいえることは、悪性骨腫瘍の治療を受けるときには、同じ症例をできるだけ多く治療をしたことのある専門医を探す必要...

≫続きを読む

骨腫瘍の手術方法【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍の手術方法は、腫瘍の種類や腫瘍の大きさによってもいくつかの方法があります。悪性の骨肉腫の手術の場合は、腫瘍の部位である脚あるいは腕を切断するか、温存するかという選択肢があります。腫瘍だけを切除し、脚あるいは腕は切断せずにそのまま温存する手術を、四肢温存術といいます。骨肉腫の手術の場合、ほとんど...

≫続きを読む

骨腫瘍の克服方法【骨腫瘍の警告】

悪性骨腫瘍の骨肉腫の場合、かつては「不治の病」といわれ、生存率の著しく低い病気でした。しかし、ここ十数年の間に、骨肉腫の治療は大きく変わりました。抗がん剤の開発による化学療法が飛躍的に進歩し、生存率も高くなりました。骨肉腫などで患者が子供の場合、治療の数ヵ月後、あるいは数年後に、抗がん剤などの治療の...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ