膀胱がんの克服方法【膀胱がんの警告】

膀胱がんにはこんな克服方法があります

膀胱がんの中でも特に表性がんの場合は、治療後の経過も良好です。
しかし反面、膀胱がんは、手術によってがんを切除できたとしても、再発しない方が珍しいといわれるほどに再発の可能性が非常に高いがんです。
そのため、治療後も治癒したと安心せずに、定期的に検査を受け、経過を観察することがとても必要です。

膀胱がんの予後の生存率は、ステージによっても異なってきます。
ステージ1の場合は5年後の生存率は約95%にもおよびます。
がんの進行具合によって生存率は低くなり、もっとも進んだステージ4の場合で、約25%になります。
しかしこれらの数値はあくまでもデータであり、すべての患者にあてはまるものではありません。

膀胱がんの治療方法は、年々進歩してきているといわれます。
以前なら難しいといわれていた状態でも、最新の治療により治癒することが可能となってきています。
そのため、進行が進んでいる患者も、決して悲観的にならず、希望を持って治療に望むことが必要です。

また、治療により膀胱がんを治した後も、常に再発の予防を心がけて生活を送ることが大切です。
膀胱がんの発症リスクを高くすると考えられているのがタバコです。
これまで喫煙の習慣があった人は、これを機会に禁煙をしましょう。
膀胱がんの再発のリスクを高めると思われることは極力控えることが必要です。
常に健康でいることを心がけて生活を続けていれば、きっと膀胱がんを克服することができるでしょう。

がんの克服方法

膀胱がんの克服方法【膀胱がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ