膀胱がんの名医【膀胱がんの警告】

膀胱がんにはこんな名医があります

膀胱がんの治療方法については、盛んに研究も行われており、技術は、年々進歩してきています。
同じ手術でも、浸潤の進んだがんなど、これまでは膀胱をすべて摘出しなければならなかった治療が、最近の治療レベルの進歩により、膀胱を温存できる治療も可能になってきました。

膀胱がんの特徴として、そのがんの種類によって性質がかなり異なってくること、そしてがんの深さによって治療方法が大きく異なってくるということがあげられます。
膀胱がんの治療を受けるにあたっては、自分のがんの種類とがんの深さを正確に診断してもらうことが大切です。
その上で、自分の状態に合った的確な治療を行ってくれる専門医に治療してもらうのがよいでしょう。

たとえば、膀胱がんの手術により膀胱を摘出することで、男性の場合インポテンツなどの後遺症が残ることが考えられます。
最近の膀胱がんの技術進歩により、これらの後遺症を防ぐ手術も行うことが可能になってきました。
病院によっては治療後の勃起機能の温存手術を行っているところもあります。
しかし、手術により前立腺、精嚢は切除してしまうため、手術後、射精は全く不可能になってしまいます。
男性の場合、治療を行う際には、治療後の体の機能や後遺症についても医師にしっかりと確認しておく必要があります。
疑問に思う点は主治医に質問し、希望があれば躊躇せずに相談しましょう。

どうしても納得のいかない治療方針の場合は、セカンドオピニオンを聞くなどして他の病院や医師を探すこともひとつの選択肢です。
納得のいく治療を行ってくれる医師がみつかるまであきらめずに探すことが大切です。

がんの克服方法

膀胱がんの名医【膀胱がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ