膀胱がんの治療方法【膀胱がんの警告】

膀胱がんにはこんな治療方法があります

膀胱がんは早期の段階で治療を行えば治る病気です。
膀胱がんの治療方法は、手術、放射線療法、化学療法などがあり、治療方法も確立されています。
治療は、がんの進行度や種類によっても異なってきます。

膀胱がんの治療は基本的に手術を行います。
がんが表在性の場合、つまり粘膜下層までにとどまる場合は、膀胱を摘出しないで治療を行うことが可能です。
膀胱がんの約7割はこの表在性のがんのため、膀胱を全部摘出しなくてすむ患者の数も多くなります。

手術だけでは完全にがんを取り除けない場合、あるいは、がんをすべて取り除くことができたとしても再発を防止するという目的からも、抗がん剤投与による化学療法や放射線療法を組み合わせて治療を行っていきます。

膀胱がんにおける放射線の感受度は、がんのなかでは中程度だといわれています。
つまり、ある程度は効果があるが、放射線療法だけでは治癒は難しいということがいえます。
そのため、放射線療法は、手術療法や化学療法と組み合わせて行われます。

抗がん剤による化学療法には2つの方法があります。
抗がん剤を膀胱から注入する方法と、全身に注入する方法です。
膀胱に注入する方法は、手術療法を行った後に、がんの再発を防止する目的で行われます。

膀胱注入法では、そのほかに再発予防として、BCGの膀胱内注入療法が行わることがあります。
BCGは結核の予防接種に使われることで有名です。
BCGの膀胱内注入療法は一種の免疫療法で、世界的にも標準となっています。
しかし、日本においてはまだ独自のデータもなく、保険対象外となっています。
日本では、現在、抗がん剤の注入療法が認められています。

抗がん剤を全身に投与する方法は、通常は、他の部分への転移が認められた進行がんに対して行われます。
また、抗がん剤投与は、手術の前も行われることがあります。
抗がん剤投与による治療には副作用を伴います。
主な副作用としては、吐き気、貧血、食欲不振などがあげられます。
また、血小板減少や白血球減少もみられることがあります。

がんの克服方法

膀胱がんの治療方法【膀胱がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ