膀胱がんの症状【膀胱がんの警告】

膀胱がんにはこんな原因があります

膀胱がんを発症するはっきりとした原因はわかっていません。
しかし、考えられる大きな要因のひとつは喫煙が原因による発症です。
実際に、膀胱がんにかかった患者の男性で約40%、女性で約30%の人が喫煙者であるというデータもあります。
タバコを吸う人は吸わない人にくらべ、約2倍~4倍も膀胱がんにかかりやすいといわれています。

特定の薬の中にも、膀胱がんを発症する要因となるものがいくつかあります。
抗がん剤のシクロホスファミド、精神安定剤に含まれるクロルプロマジン、また最近発売が禁止されたファナセチンを含む鎮痛剤などは、膀胱がん発生の発症リスクを高めるといわれています。

また、かつてはゴムや染料に含まれるアニリン系の色素、ナフチラミン、ベンチジンなどが膀胱がんを発症する危険因子とされており、これらの化学物質を扱う工場で働く人たちに多く発症がみられました。
現在では、これらの発がん性の化学物質は製造中になっています。

北アフリカや中東アジアなどにみられる病気の住血吸虫症も、膀胱がんを発症する危険因子とされています。
ビルハルツ住血吸虫は、主に北アフリカに生息している寄生虫の一種です。
住血吸虫により膀胱が長期間にわたって刺激を受けることで膀胱がんを発症するといわれます。

食べ物ではワラビやゼンマイが発がん性の物質を含んでいるといわれています。
緑黄色野菜の摂取不足、高たんぱくの食物の過剰摂取などもリスクを高めるとされています。
また、塩素消毒した飲料水やコーヒーの過剰摂取もリスクを高めるとされていますが、確立された原因ではありません。

がんの克服方法

膀胱がんの原因【膀胱がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ