胆管がんの克服方法【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな克服方法があります

胆管がんの手術は非常に難易度が高くなります。
しかし、難しい治療を無事に終え、がんを治癒することができたとしても、それで決して安心してしまってはいけません。
胆管がんは進行がとても速く、悪性度の高いがんです。
いくら早期に発見できて早期治療によりがんを治癒できても、再発する可能性は高くなります。
治癒後も経過をしっかりと見守っていかなければなりません。

胆管がんの場合、手術により胆管を切除することができた場合の5年後の生存率は、約26%ほどにとどまります。
一方、進行が進み、手術による胆管の切除が行えなかった場合は、化学療法や放射線療法により治療を行いますが、その場合の5年後の生存率はわずか1%となります。

胆管がんは非常に再発率の高いがんのため、手術により治癒できた後も、再発を防止する目的で放射線治療や抗がん剤投与を引き続き行うケースも多くなります。
この場合、治療による副作用もひどくなる場合も考えられます。
副作用に苦しむことはとてもつらいことです。
再発を防止するためにはしかたないとはいえ、あまりにも副作用が苦しい場合や、治療を続けていても効果がなかなかみえないといったようなことがあれば、躊躇せずに主治医に相談するべきです。
ただやみくもに抗がん剤を投与したりする治療法が最善ともいえないこともあります。

本当の意味で満足のできる治療を行うためにも、再発を恐れるあまりにいつも精神的に不安定でいるのはとてもよくないことです。
できるだけ心のリフレッシュを試みて、前向きな気持ちになることが大切です。
体の免疫力を向上させ、がん細胞を作りにくい体質に改善していくこともとても有効な予防策です。
抗がん剤の化学療法などだけに頼るのではなく、治療後の生活の質を向上させ、精神的にも肉体的にも健康で豊かな毎日を過ごすことにも目を向けることは、胆管がんを克服するためにはとても大切なことです。

がんの克服方法

胆管がんの克服方法【胆管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ