胆管がんの名医【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな名医があります

胆管がんの手術を行う場合は、同時に胆管の近くにある肝臓や膵臓などの一部も切除しなければなりません。
肝臓や膵臓は、人間が生きるために非常に重要な臓器であるため、胆管がんの手術は体への負担も相当大きく、非常に難しい手術といえます。
胆管がんは術後の合併症の危険も大きくなります。

また、他のがんの手術にくらべ、手術中や手術後に亡くなってしまう確率が高くなるという恐ろしさがあります。
手術を行う前には、その危険度を十分に検討し、理解してから行う必要があります。
非常に難易度の高い手術になるため、手術を担当する専門医も慎重に選ばなければなりません。

現在の主治医から、知っている胆管がんの専門医を紹介してもらうのもひとつの方法でしょう。
手術を担当する医師は、多くの胆管がんの症例をみてきた経験を技術を持つ専門医である必要があります。
胆管がんはその発生部位によっても手術の方法が異なってきます。
そのため、検査によりがんの部位が判明していれば、やみくもに専門医を探すのではなく、その部位の手術に精通した専門医を探すほうがよいでしょう。
たとえば肝門部胆管がんであれば、その部位の切除手術に対して極めて高い成功例をあげている専門医を探す方がよいでしょう。
自分に合った専門医を探すためにも、画像検査や超音波検査などによる精密検査を受け、自分のがんの種類や部位、がんの深さを正確に把握することが前提になります。

専門医が見つかったら、治療方針については納得がいくまで医師を話し合いましょう。
術後の合併症や後遺症などについてもしっかりと説明を受け、理解しておくことが重要です。
また、同時に抗がん剤治療や放射線治療も組み合わせて行っていく場合は、その治療法や副作用についても確認しておかなければなりません。

がんの克服方法

胆管がんの名医【胆管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ