胆管がんの治療方法【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな治療方法があります

胆管がんの治療は、画像検査の進歩や技術の進歩によって、年々治療効果も上がっています。
しかし、胃がんや大腸がんに比べると、まだまだ治癒率が十分とはいえないのが現状です。

胆管がんの主な治療法は、手術、放射線療法、化学療法、温熱療法などがあります。
胆管がんの場合、約67%は手術による治療を行います。
がんが進行し、手術によってがんを切除することができない場合は、化学療法や放射線療法などを組み合わせながら治療を行っていくことになります。

抗がん剤による化学療法では、いくつかの種類の抗がん剤を組み合わせて投与を行います。
患者の状況に応じて治療は行われており、標準的な抗がん剤の治療は確立していません。
抗がん剤による治療を行った際には、副作用を伴います。
主な副作用としては、吐き気、貧血、食欲不振などがあげられます。
また、脱毛や白血球減少といった症状もあらわれることがあります。

一方、放射線による治療法には、3つの方法があります。
一つ目の方法は体外照射法といって体の外から全身に放射線を照射する方法です。
二つ目の方法は、術中照射法で、手術の際に病巣部分に直接放射線を照射する方法です。
三つ目の方法は腔内照射法で、胆管の中から直接放射線を照射する方法です。
細いチューブを通して、ラジウムなどの針を胆管の病巣部まで送りこみ放射線を照射します。
この場合、放射線を照射する範囲は胆管と、その周囲に限られます。
胆管がんの治療のおいては、放射線による治療はあまり効果が期待できないといわれています。
放射線治療による副作用としては、食欲不振や全身倦怠感などがあげられます。

がんの克服方法

胆管がんの治療方法【胆管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ