胆管がんの予防方法【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな予防方法があります

胆管がんは、高齢化社会に伴い、年々増加傾向にあります。
日本では、毎年、胆管がんで約8,000人以上の人がなくなっています。
年齢別にみると60歳代から増加傾向にあり、男女別では男性のほうに多く発症がみられます。

胆管がんを発症する要因リスクとして考えられているのが胆石です。
そのため、胆石、特にコレステロール胆石にならないようにすることが、胆管がんの発症予防につながるといえます。

胆管がんは進行度が速く、悪性度が高いがんです。
そのため、早期の段階で発見し、早期で治療を行うことが非常に重要です。

黄疸があらわれたら、がんはかなり進行していると考えられます。
黄疸をそのまま放置しておくと、非常に危険です。
肝臓や腎臓といった臓器に大きな障害をもらたらすことになります。
最悪の場合、死亡にいたることもあります。
黄疸を発見したらすぐに病院の内科あるいは外科を受診しなければなりません。

胆石を予防するには、やはり食生活を中心とした生活習慣を気をつけることです。
肉類中心の食事や、脂肪、コレステロールの多い食事は控えることが大切です。
野菜やビタミンを多く摂取し、栄耀のバランスには気を配りましょう。
適度な運動を心がけ、肥満にならないように注意しましょう。
規則正しい健康的な生活を送るようにすることが予防になります。
また、糖尿病などの生活習慣病にも気をつけましょう。

胆管がんの診断は非常に難しいといわれています。
なぜなら、胆管がんは明らかな腫瘍としてあらわれるのではなく、まわりの組織にしみこむように浸潤していくからです。
しかし、近年では、画像検査の技術が向上したことにもより、早期の段階でも検査で発見することが可能になりました。
また、がんの広がりなども詳しく診断することが可能になりました。

超音波検査によっても、胆管がんの広がり具合を調べることができ、また胆管の閉塞部もみることができるようになりました。
黄疸の場合は、それが手術が必要な閉塞性黄疸かどうかを調べることもできます。
検査の時間も短くてすみ、痛みも生じないため、外来による検査で十分です。
胆管がんを早期の段階で発見するためにも、定期的な検査を受けることが大切です。

がんの克服方法

胆管がんの予防方法【胆管がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ