胆管がんの原因【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな原因があります

胆管がんを発症するはっきりとした原因はわかっていません。
胆管がんの発生率は年々増加傾向にあります。

胆管がんの発症には、年齢との関係が深いということが考えられます。
胆管がんにかかる比率は、高齢になるほど高くなる傾向にあり、70歳台がピークとなります。
このことからも、加齢がひとつの要因リスクとなることが考えられます。

また、胆管がんの発症は、日本をはじめとした東アジアやインドなどの地域で多いといわれています。

胆管がんの発症は、他の病気との関連性も考えられます。
膵管胆管合流異常症あるいは、先天性胆道拡張症という病気を持っている人は、胆管がんを発症する確率が高いというデータがあります。
これらの病気にかかると、膵臓から分泌される膵液が胆管内に逆流して炎症を起こしやすくなります。
このため、胆管がんにかかりやすいといわれています。

胆嚢内に結石がある人も胆管がんを発症しやすいといわれています。
また、コレステロール結石がある人もリスクが高いといわれています。
高齢でコレステロール結石の人は特に要注意です。

食生活において、高コレステロールや高脂質の食物を多く摂取することも、胆管がんの発症リスクを高くすると考えられます。
また、肥満も発症と関連があるといえます。

膵管胆管合流異常も胆管がん発症リスクを高くすると考えられています。
胆管は乳頭部で膵管に合流していますが、この合流に異常があることで膵液が胆道内へ逆流してしまい、そのことが胆管がんの発生の原因になるといわれています。

がんの克服方法

胆管がんの原因【胆管がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ