胆管がんの症状【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな症状があります

胆管にできる悪性腫瘍を胆管がんといいます。
胆管がんは、他の多くのがんと同じく、初期の段階では症状がほとんどあらわれません。
症状があらわれたときにはすでに進行が進んでいることが考えられます。

胆管がんの場合、進行が進むと黄疸があらわれることがあります。
胆管がんは黄疸の症状により発見されることが多くなります。
黄疸の症状があらわれるまでは、通常、これといって症状があらわれないのがほとんどです。

胆管は胆汁の通路となっていますが、胆管が塞がりやすくなることにより黄疸の症状があらわれてきます。
皮膚の色や目の白い部分が黄色くなるといった症状がでたら黄疸の症状です。
黄疸の症状があらわれると、便や尿にも変化が起こります。
便はクリーム色のような白っぽい色になり、また尿の色は濃くなり、茶色っぽくなります。
また、黄疸の症状があらわれると、同時に皮膚のかゆみを感じることもあります。
これは、胆汁の中にある胆汁酸という物質が血管内で逆流を起こすことで生じます。

閉塞性黄疸では、胆汁に細菌が感染することにより発熱の症状があらわれることもあります。
また、閉塞性黄疸をそのまま放置しておくと、ますます悪化が進み、細菌が血液中に入り込んで敗血症に陥る危険性もあります。
なお、胆管がんを発症した人の約90%に閉塞性黄疸の症状があらわれるといわれます。

がんの克服方法

胆管がんの症状【胆管がんの警告】記事一覧

胆管がんの原因【胆管がんの警告】

胆管がんを発症するはっきりとした原因はわかっていません。胆管がんの発生率は年々増加傾向にあります。胆管がんの発症には、年齢との関係が深いということが考えられます。胆管がんにかかる比率は、高齢になるほど高くなる傾向にあり、70歳台がピークとなります。このことからも、加齢がひとつの要因リスクとなることが...

≫続きを読む

胆管がんの予防方法【胆管がんの警告】

胆管がんは、高齢化社会に伴い、年々増加傾向にあります。日本では、毎年、胆管がんで約8,000人以上の人がなくなっています。年齢別にみると60歳代から増加傾向にあり、男女別では男性のほうに多く発症がみられます。胆管がんを発症する要因リスクとして考えられているのが胆石です。そのため、胆石、特にコレステロ...

≫続きを読む

胆管がんの治療方法【胆管がんの警告】

胆管がんの治療は、画像検査の進歩や技術の進歩によって、年々治療効果も上がっています。しかし、胃がんや大腸がんに比べると、まだまだ治癒率が十分とはいえないのが現状です。胆管がんの主な治療法は、手術、放射線療法、化学療法、温熱療法などがあります。胆管がんの場合、約67%は手術による治療を行います。がんが...

≫続きを読む

胆管がんの名医【胆管がんの警告】

胆管がんの手術を行う場合は、同時に胆管の近くにある肝臓や膵臓などの一部も切除しなければなりません。肝臓や膵臓は、人間が生きるために非常に重要な臓器であるため、胆管がんの手術は体への負担も相当大きく、非常に難しい手術といえます。胆管がんは術後の合併症の危険も大きくなります。また、他のがんの手術にくらべ...

≫続きを読む

胆管がんの手術方法【胆管がんの警告】

胆管がんの治療は基本的には手術による切除になります。胆管がんの手術の場合は、胃がんや大腸がんのようにこれといった治療の体系が確立されておらず、あくまでもがんの広がり具合に応じて行われます。胆管のまわりには、門脈や肝動脈といった非常に重要な血管が流れているため、安全でかつできるだけ根治的な手術を行う必...

≫続きを読む

胆管がんの克服方法【胆管がんの警告】

胆管がんの手術は非常に難易度が高くなります。しかし、難しい治療を無事に終え、がんを治癒することができたとしても、それで決して安心してしまってはいけません。胆管がんは進行がとても速く、悪性度の高いがんです。いくら早期に発見できて早期治療によりがんを治癒できても、再発する可能性は高くなります。治癒後も経...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ